木工百科ぶんぶく堂

理念

 cardcase_0047.jpg

 

 

ぶんぶく堂とは、たぬきが茶釜に化けて恩人に福をもたらすという昔話から取った屋号です。

木の温もりを、様々な形に変化させて暮らしの中にお届けします。

こんなものがあったらいいなというご要望を形にしたり、生活に彩りを添えてくれる小物をご提案したり。

使う人の世代を問わず、長く使いたいと思ってもらえるもの。そして本当に長く使えるものを作ること。

それが「木工百科」の目指すところです。

 

 

 

ものづくりに必要な要素の多くは生活の中に隠されています。

はじめから机に向かって図面を引くのではなく、暮らしを想像しながら手を動かしてみる。

そうしてかたちを探るところからわたしたちのものづくりは始まります。

木の持つ存在感を活かしながら、けして主張し過ぎることなく

使うたび生活空間に自然と馴染んでいく道具であること。

どこか懐かしく、新しく、使いやすい、日本人の感覚を大切にしたデザインであること。

それがぶんぶく堂の目指す「かたち」です。